よーく見ると、見えてくるしかけ

四万十川を中心に、都会と田舎をつなぐ会報誌の制作や「しまんと新聞ばっぐ」の普及に取り組んでいるNPO法人RIVER。

一見、無造作にフィンガーペイントで描いたようなロゴですが、よーく見てみると、ひとつのしかけが加えられているように見えますが、分かりますでしょうか?

RIVERの「V」の字がなぜか二つに分かれていて、隣の「I」と合わせて漢字の「川」になっているように見えてきます。でも、あまりにもさりげなさすぎるので、「川」じゃないのかも、、、はたしてわざとなのか、たまたまなのか、どっちなんだろう!?とウズウズしてきます。

この心地よいウズウズ感のおかげで、ロゴの印象が強まり、記憶に残りやすくなっている気がします。[22/88NPOロゴ]

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 林田全弘 on 2014年8月13日

同じ業種のロゴ

オープンデータデイのロゴマーク
フローレンスのロゴマーク
日本トイレ研究所のロゴマーク
日本雨女雨男協会のロゴマーク

同じ色のロゴ

ポイコのロゴマーク
ヴィレッジヴァンガード(Village Vanguard)のロゴマーク
池上通信機 創立70周年記念のロゴマーク
berghaus バーグハウスのロゴマーク

スポンサードリンク