風景で世界観を伝えるロゴ

「世なおしは、食なおし。」をキャッチフレーズに、食べる情報誌「東北食べる通信」の発行などの事業を展開しているNPOのロゴ。

味わいのある文字の周りに、畑が広がり、三本鋤(スキ)が立つ。シンボルマークというよりも、風景とも言える一風変わった表現になっています。

手書き楷書風のゴシック体の文字部分も、その独特な世界観や空気感を醸成するのに役立っていますね。

シンプルな表現で世界観を伝えたい時や、畑に限らず、海や山、川など自然をテーマとする活動に、こういった風景型のロゴがぴったり合うのかもしれません。[74/88NPOロゴ]

東北開墾

posted by 林田全弘 on 2015年10月28日

同じ業種のロゴをもっと見る

日本雨女雨男協会のロゴマーク
寄付月間~Giving December~のロゴマーク
福岡テンジン大学のロゴマーク
NPO法人ハンセン病療養所世界遺産登録推進協議会のロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

東北工業大学のロゴマーク
水Do!キャンペーンのロゴマーク
水と土の芸術祭のロゴマーク
自分をつくる学校のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク