文字に工夫が加えられたロゴ

発達障害、聴覚障害、不登校・引きこもりなど特別なニーズのある子どもたち向けに学習支援を提供している、あすはな先生。

一見シンプルですが、とても手の込んだロゴです。
ひらがなの中に、共通した○を入れることで、統一感とリズムが生まれています。
アクセントとなっている頭文字の「あ」は、柄のある枠で囲むだけではなく、形状にひと手間加えることで、より特徴づけられています。

最後の文字「生」には、さりげなく小さな若葉が生えています。この若葉があるのとないのとでは、印象がガラリと変わります。
(試しに指で隠してみてください)

シンプルなロゴにしたい、でも、さりげなく印象に残るように、ちょっとデザインにひと味足したい。そんな時は文字に少し工夫を加えるというのもひとつの方法なのだと思います。[18/88NPOロゴ]

あすはな先生

posted by 林田全弘 on 2014年7月16日

同じ業種のロゴをもっと見る

日本トイレ研究所のロゴマーク
公益社団法人みらいサポート石巻のロゴマーク
アムネスティ・フィルム・フェスティバルのロゴマーク
きょうとボケーショナルセンターのロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

気仙沼市震災復興計画のロゴマーク
京都造形芸術大学のロゴマーク
庭のホテル東京のロゴマーク
京都市東山いきいき市民活動センターのロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク