柔らかくも、芯がしっかりしているロゴ

障害者のために、表現活動や創作活動を通じて長野県で支援活動をおこなっているNPO法人リベルテ。

非定型で丸みを帯びた緑色のオブジェクトの中に、フランス語の「Liberté(自由)」を意味する団体名が配置されています。この色合い、青みがかった緑色は、なかなかNPOロゴでは見かけませんね。シンプルでくせのないサンセリフ体を使っていますが、柔らかな楕円形で囲まれているため、優しげでありながら芯のあるような印象を受けます。

ホームページによれば『キーカラーの緑色は瑞々しく生命力を想像させ、丸みがかったLiberteのロゴと、それを囲む柔らかな楕円形は、固定概念にとらわれず「緩やかに在ること」「発展していくこと」「成長していくこと」を表現しています。』とロゴに込めた想いが解説されています。

きれいな曲線を描くことは簡単なようで、実は難しくもあります。河原にある自然な丸石のような心地よさが、ロゴから感じられますね。[69/88NPOロゴ]

リベルテ

posted by 林田全弘 on 2015年9月16日

同じ業種のロゴをもっと見る

東北開墾のロゴマーク
ありがと本のロゴマーク
オレたちひょうげん族のロゴマーク
もう一つのプロジェクトのロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

Ginger&Starカフェのロゴマーク
soshare (ソーシェア)のロゴマーク
ファロ資生堂のロゴマーク
立命館大学のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク