コミュニケーションのしかけが素晴らしいロゴ

東京を拠点に活動をしているデザインスタジオ Fritillaria&Co. のロゴ。

反転文字が良く読めないため、まずはひっくり返したくなりますが、逆さにしても読めないというデザインになっています。
これは、単に文字を反転させているわけでなく、文字に光をあてて出来た「影」だからなんです。

彼らのデザイン理念である「人を喜ばせる」がそのまま花言葉になっているフリチラリアが名前の由来とのこと。
この花は下向きに咲くことから、上から下を向いて照らすというイメージを重ね、クライアントを照らして喜ばせる、主役はクライアントであるというメッセージを込めて、Fritillariaの文字(クライアント)を上から照らした影(自分たち)として反転させるデザインにしたんだとか。

シンプルながらインパクトのあるロゴですね。
このロゴの名刺をもらったら、反転しても読めないことで、思わず質問したくなる。
そして上記の説明をすることで、自分たちの想いをしっかりと伝えることができるし、覚えてもらいやすいでしょう。

ロゴをつくる際には、このようなコミュニケーションのしかけも設計したいですね。

Fritillaria&Co.

posted by 遠島啓介 on 2016年5月17日

同じ業種のロゴをもっと見る

Interferenze Seeds Tokyo 2010 (IST2010)のロゴマーク
ABOOのロゴマーク
アトオシ(atooshi)のロゴマーク
ANSWRのロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

KLabのロゴマーク
AIアナリストのロゴマーク
第50回アジア開発銀行年次総会(横浜開催)のロゴマーク
New Era( ニューエラ)のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク