表情が変わるロゴ

デザイナー山口祐基さんのロゴマーク。
個人としてのグラフィック制作活動の際に使用されているロゴだそうです。
今の時代、様々な顔をもって活躍する人が増えています。
いくつもの自分にそれぞれロゴマークをつくるというのも面白いかもしれませんね。

さて、こちらのマークは、見ての通り顔文字です。
欧米の方がよくつかうエモティコンをヒントにしているんだとか。
特に注目したい点は、これは文字(記号)の並びで表現されているので、書体を変えることによって表情が変わるのだということ。
そこに「仕事により色々な表情をもつデザインをする」という意味が込められているそうです。

表情=印象が変わることを前提としたロゴという考えも面白いですね。

posted by 遠島啓介 on 2015年10月6日

同じ業種のロゴをもっと見る

OCHABIのロゴマーク
WALNUTのロゴマーク
Interferenze Seeds Tokyo 2010 (IST2010)のロゴマーク
東北コットンプロジェクトのロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

SUGI DESIGNSのロゴマーク
TREKのロゴマーク
アクセルユニバースのロゴマーク
伊勢丹(ISETAN)のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク