伝統文様「角つなぎ」をモチーフにした周年ロゴ

2018年に開業30周年を迎える京都ブライトンホテルの30周年記念ロゴマーク。

1988年7月11日に京都の地でグループ第一号として誕生した京都ブライトンホテルは、多くの顧客とのつながりの中で、30年をつむいでくることができたとのこと。

制定したロゴは、400年の歴史ある京唐紙の老舗「唐長」の伝統の文様である「角つなぎ」をモチーフにデザインされています。

いくつもの結び目が組み合わさって、無限につながっていく文様のなかに「30」の文字を浮かび上がらせたデザインは、30周年であるということはもちろん、京都の町、人、歴史のなかにしっかりと根づいていることも感じさせ、合わせて伝統とその魅力も伝わってくるロゴになっています。

「つなぎ つむいで 30年」という言葉とともに、京都の歴史そして未来への絆やつながりを感じさせる印象深い周年ロゴではないでしょうか。

京都ブライトンホテル30周年記念

posted by 遠島啓介 on 2018年1月12日

同じ業種のロゴをもっと見る

早稲田祭2017のロゴマーク
第50回アジア開発銀行年次総会(横浜開催)のロゴマーク
京都・パリ友情盟約締結60周年記念ロゴマークのロゴマーク
越谷レイクタウンまちびらき10周年のロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

HuffPost(ハフポスト)のロゴマーク
東京都美術館のロゴマーク
TREKのロゴマーク
オールアバウト(All About)のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク