「校舎」を型どった「名古屋学院大学」のシンボルマーク

第63回のロゴは、名古屋市に本部を置く私立大学「名古屋学院大学」のシンボルマーク。
「校舎」がモチーフになっています。

「NGU」で「校舎」を形どり、力強い直線と安定感のあるどっしりした書体で表現されています。
これにより、清潔感溢れる快適な空間と、そこに集う学生たちの伸びやかさを表しているそうです。
その下に、「スローガン」である「Culture & Human Resources」を掲げ、大学名も英字で表現し、スローガン通りのグローバルを意識したものに仕上がっています。(※スローガンの意味・・・国際的な文化交流と学生一人一人の可能性を引き出す教育)

真ん中の「G」がGOLDの意味にもとれて、金の卵たちを育成するそんなイメージを受けました!ごちそう様でした。[大学ロゴ]

名古屋学院大学シンボルマーク

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by てるゆき on 2015年12月14日

同じ業種のロゴ

島根大学ロゴのロゴマーク
宮城教育大学のロゴマーク
林木双会のロゴマーク
九州大学のロゴマーク

同じ色のロゴ

BABBIのロゴマーク
WordPressのロゴマーク
「SYNAPSE」「PAPYRUS」のロゴマーク
フジロックフェスティバルのロゴマーク

スポンサードリンク