団体名の由来を3つのシンボルに

公開日:2016年8月31日 最終更新日:2019年9月10日

SOLUNARCHE (ソルナーチ)

識字教育や職業訓練によって社会的自立を助ける、パキスタンの女性や子どものための学校運営をおこなうNPOのロゴ。

団体名のSOLUNARCHEは「SOL(太陽)」「LUNA(月)」「ARCHE(虹の架け橋)」を合わせた言葉で「日本国旗の日の丸とパキスタン国旗の月を、虹の架け橋が繋いでいる」ことを意味するそうです。

ロゴは、ドットで表現された3つのシンボルで構成されており、黄色と緑色、そして赤色で配色されています。各シンボルは、団体名にも込められている月、架け橋、太陽を表現しているとのこと。

Webサイトには各シンボルにこめた想いについて、このような説明がなされています。
「月」は“読み書きできる安心感、知識によって家庭を守る事のできる母性”、「架け橋」は“精神・物質をこえて国も人種も宗教もなく繋ぐ、希望”、「太陽」は“社会的自立ができる事の幸福感、磨くことのできる技術、感性”。

原色に近い力強い配色のため、活発なエネルギーを感じさせる表現になっています。現地で生きる人々、日本で活動する人々の情熱や本気度が伝わってくるようです。[109/88NPOロゴ]

SOLUNARCHE (ソルナーチ)
http://solunarche.com