漢字の一部を置き換え拡張する日本語ロゴ

東京下北沢のホームページ制作会社、彩匠デザインのロゴ。

彩匠というネーミングからして、和の印象と、本物、職人といったイメージを掻き立てます。
ロゴデザインは、それをしっかり読ませるかのように明朝体の漢字をベースとしていながら、彩の字のつくりの部分を大胆にデザインしています。
コンセプトは、「無彩色のものに彩を添えることで、色鮮やかな未来に羽ばたいていく」とのこと。
なるほど、羽のようなモチーフで、未来への飛翔を表現しているのですね。

漢字としてしっかり読めること、そのうえで込めた想いを大胆に表現して印象を拡張する。
面白いロゴデザインですね。

彩匠デザイン

posted by 遠島啓介 on 2015年6月16日

同じ業種のロゴをもっと見る

design unit UOGOCOLOのロゴマーク
ロフトワークのロゴマーク
札幌国際芸術祭2014のロゴマーク
イメージソースのロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

京都市東山いきいき市民活動センターのロゴマーク
世界農業遺産 静岡の茶草場農法のロゴマーク
Sakenomyのロゴマーク
奈良教育大学のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク