ひとしずくの中に村の観光地が散りばめられたロゴ

熊本県の水上村で生産されるブランド米「ひとしずく」のロゴ。

水上村のロゴでもつかわれている村の象徴、水のしずくの形のマークになっています。
しずくの中に描かれているのは、市房山神宮、吊り橋、球磨川源流といった村内にある観光地のモチーフだそう。
淡い配色やそれぞれのイラストがかわいらしく、やさしい気分になりますね。

多くの要素が描かれたこのロゴ、まずしずく型の外縁からは、水の村の清らかな水とお米の一粒一粒が連想されます。
そして、それを生産する過程において、村の自然の恵みや人々の想いがたくさん込められている、そんなことを感じさせてくれます。
また、たくさん散りばめられていると言っても、そこに窮屈さはなく、ゆっくりゆったりとした余白がとられています。
「ひとしずく」というネーミングとともに、物語や時間を感じるロゴですね。

お米を通して村を知る、村を思ってお米を食べる、そんな相乗効果があるロゴではないでしょうか。

このロゴは下記のロゴとともにブランディング展開されています。
水上村のロゴ
「水上村ジビエ」のロゴ

デザイン:古庄 伸伍(PREO DESIGN

ひとしずく

posted by 遠島啓介 on 2018年5月9日

同じ業種のロゴをもっと見る

シュガーロードのロゴマーク
だて正夢のロゴマーク
バヤリースのロゴマーク
食考房つくしのロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

みちのくグラフィックスのロゴマーク
変なホテルのロゴマーク
シンガー糸井佑紀子のロゴマーク
とっとりの手仕事のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク