期待感をイメージさせる温泉宿の特別室のロゴ

群馬県猿ヶ京温泉にある、江戸創業 幕末の宿「旅籠屋丸一」の特別室のロゴマーク。

前回紹介した旅籠屋丸一のロゴの流れをくみつつ、英文を取り入れたロゴになっています。

こちらは、既存の棟とは差別化することを目的にし、特別であることを印象付けるためにテクスチャには金の箔を使用。
また、英文字を使うことで、特別室としてのオリジナルティを出しているのだそう。

スクリプト書体による優雅でゆったりとしたイメージ、金の箔による気品や特別感。

これらを感じさせつつも、旅籠屋丸一のロゴから感じる素朴さやあたたかさも残されていて、面白いデザインになっているのではないでしょうか。

他の部屋や棟とは違う、期待感をイメージさせてくれるロゴですね。

デザイン:デザイン事務所ゆるり

旅籠屋丸一 特別室

posted by ロゴストック on 2018年11月14日

同じ業種のロゴをもっと見る

里山ベース ハナビのロゴマーク
泊まれる学校 さる小のロゴマーク
三井ガーデンホテルズのロゴマーク
神戸メリケンパークオリエンタルホテルのロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

青森の縄文を世界遺産にのロゴマーク
UNITED PETSのロゴマーク
南山大学コミュニケーションマークのロゴマーク
弱視の子どもたちに絵本をのロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク