親しみやすさと安心感

大分県で食育活動をメインにしているグループ、大分いいたま会のロゴマーク。

食育を通じて、元気な子どもたちを生む両親を応援し、同時に食の大切さを知ってもらおうという活動をされています。

ネーミングの由来は、「いいたまごを生もう会」とのこと。
いい卵子・いい精子を育もうという想いが込められているのだとか。

ロゴマークは、親子を表現したたまごのモチーフが、かわいらしさと温かみを醸成していますね。
また、文字も丸みをもたせた書体がやわらかさを生み出し、oやaなどの空間をたまごのように白く表現することで、ちょっとした面白さを感じさせています。
そして、3行で表現することでマークと文字の並びにリズム感が出来ています。

親しみやすさと信頼感、安心感を良いバランスで表現できているロゴではないでしょうか。

大分いいたま会

posted by 遠島啓介 on 2016年10月11日

同じ業種のロゴをもっと見る

「SYNAPSE」「PAPYRUS」のロゴマーク
土佐山アカデミーのロゴマーク
ミルクラフトのロゴマーク
corezo(コレッソ)のロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

京都ブライトンホテル30周年記念のロゴマーク
株式会社ハーフタイムのロゴマーク
IBMのロゴマーク
cocotomo(ココトモ)のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク