美食旅というテーマを的確に表現しているロゴ

公開日:2018年8月3日

日本海美食旅

日本海美食旅

新潟・庄内ガストロノミー「日本海美食旅」のロゴマーク。
日本海と雄大な山に育まれた新潟県と庄内エリアの豊かな食文化を発信するデスティネーションキャンペーンで、2019年10月〜12月に予定されています。

ロゴは「行きたくなる」「撮りたくなる」「シェアしたくなる」をテーマに日本海の波とカメラのシャッターのダブルモチーフとなっていて、各色はそれぞれの地域をイメージしており「日本海彩色」でまとめているのだそう。

そして中央にあるロゴタイプは文字を構成する各ラインに、箸やフォークにスプーン、瓶やボトルなど、食の場面でつかわれる道具のモチーフが隠されており、食のイメージが醸成されていますね。

デザインには、肉や魚介、野菜といった地域の特産や食材のモチーフは使われていません。
人が使う道具をマークに詰め込んだことにより、食にフォーカスしすぎず「旅」や「食文化」といった側面がうまく表現されているように感じます。
このキャンペーンのテーマを的確に表しているロゴではないでしょうか。

デザイン:不破稔(不破稔事務所)
ディレクション:岩佐十良(自遊人)