わかりやすいモチーフに意味や想いがつめられたロゴ

株式会社コンパスのロゴマーク。
今後少子高齢化で働き手が減少していくであろう日本の企業にRPA(ロボットによる業務自動化)導入のサポートを行い、また他方では地図を使用したサービスも展開予定という2018年開業の企業です。

ロゴデザインは、社名であるコンパス(方位磁針)をモチーフにしたビジュアル。
人間とロボットという相反する二つを青とグレーの矢印に見立て、両者が混じり合い、重なり合い今後の未来を示していくということを表現しているとのこと。
また、混じり合った中心のネガティブスペースも方位磁針の形になっており、その余白部分が株式会社コンパスの仕事(相反する二つのバランス)であることが表されているのだそうです。

社名を表すモチーフを象ることによって一目見て社名が想起できるようになっており、なおかつその中に事業領域を表す意味や想いが表現されている。
シンプルでありながらもコーポレートロゴとしての深みを感じるロゴではないでしょうか。

また、文字についても少し先の未来を感じられるような体裁にし、全体のバランスを整え、株式会社コンパスの方向性を表しているとのことです。

デザイン:長岡拓也(Nagaoka design office

株式会社コンパス

posted by 遠島啓介 on 2018年5月8日

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

Skypeのロゴマーク
OOTEMORI オーテモリのロゴマーク
Make it Betterのロゴマーク
第50回アジア開発銀行年次総会(横浜開催)のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク