富士山とMが重なったロゴ

日本のキッチン用品を取り扱う、中国圏のセレクトWEBショップ「MONO」のロゴマーク。

マークは富士山がモチーフになっています。
そして頭文字である「M」が組み合わされ、“メイドインジャパン” を象徴的に表現したデザインなのだそう。

富士山は海外でも知名度が高く、日本らしさを表現するシンボルとしてよく使われますね。
また、山のフォルムがシンプルで美しいところも日本的な印象と重なるのではないでしょうか。

このロゴはそんな日本的なイメージの象徴である富士山に名称の頭文字を組み合わせたシンプルなデザインですが、そのフォルムがちょっとかわいらしい雰囲気になっているため、見るごとに親しみも感じさせる、そんなデザインになっていますね。

デザイン:武井衛(MARKLE DESIGN

posted by ロゴストック on 2019年1月18日

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

伊勢丹(ISETAN)のロゴマーク
Styliticsのロゴマーク
Capire(カピーレ)のロゴマーク
フォスターアカデミーのロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク