自分のロゴをデザインすること

YUTAKA KADOTA DESIGN OFFICEのロゴマーク。
こちらは、デザインを学ぶ大学生が「もし自分のデザイン事務所を作ったらどういうロゴになるだろう」という想定でつくられたロゴです。

名前である「門田」の文字をモチーフに、シンプル、白黒というキーワードでデザインされたものだそう。
市松模様はPhotoshopなどの透明部分をイメージさせます。
全体的にシンプルでバランスの取れたものになっており、それでいて主張もしっかりしているロゴに仕上がっていますね。

デザインを学ぶうえで、自分自身のロゴをつくってみるというのは、対象を見つめ直し、キーワードやコンセプトを発見し、それをデザインに落とし込むという一連のデザインワークを体験できるので、おすすめです。
企業がロゴをリニューアルするように、個人ロゴも数年後にまたリニューアルしてみるのも面白いのではないでしょうか。

posted by 遠島啓介 on 2016年11月22日

同じ業種のロゴをもっと見る

デザイン・クリエイティブセンター神戸のロゴマーク
THOMAS RAMEYのロゴマーク
PIANTA×STANZAのロゴマーク
カナム&7+4のロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

放課後NPOアフタースクールのロゴマーク
Hello! NEW 新居浜のロゴマーク
和泉多摩川サマーフェス「一八〇」のロゴマーク
丸ビル、新丸ビルのロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク