ロゴの擬人化

OCHABIのロゴマーク。
お茶の水にある美術学校です。愛称がそのままブランドになっているという面白い例ですね。

ロゴのデザインコンセプトは「十人十色」。カラーバーが特徴的なデザインです。
クリエイティブの正解は1つではない、自分の中の輝く色を見つけてほしい、という思いが込められています。

同じクリエイティブ関連の企業でも、企業を相手にするデザイン会社やクリエイティブエージェンシーなどでは、そのクリエイティビティの高さや品質感をロゴに込める企業も多くありますが、OCHABIでは、これからのクリエイティブ人材に対して、「どうなってほしいか」のメッセージをロゴに込めています。

着飾って話しかけられるのを待つ人と、働きかけて思いを伝える人。

ちょっと極端な対比ではありますが^^;、こうやってロゴを擬人化して眺めてみると、本質的なところが見えてくるような気がしつつ、ロゴにしっかりとメッセージ性を込めることの大切さを改めて認識させられた気がします。

posted by ysk on 2016年1月7日

同じ業種のロゴをもっと見る

大阪教育大学校章のロゴマーク
中央大学のロゴマーク
法政大学シンボルマークのロゴマーク
彩匠デザインのロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

KLabのロゴマーク
ラグビーワールドカップ2019のロゴマーク
Inter FMのロゴマーク
SPU(スプ)のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク