ほっこりしたデザインのなかに込められた3つの意味

公開日:2020年2月25日

napstation

淡路島生田地区にある古民家を改装したくつろぎスペース「napstation」のロゴマーク。

マークはナップステーションの頭文字「な」をモチーフにして、屋根の中でお昼寝をしている様子が表現されているとのこと。上部のクロスしている部分が屋根、下部にある上向きに横になっているように見える部分がお昼寝です。

そしてさらに、屋根の部分に「+」、下部に「α」の文字が隠されており、淡路島の観光に+αしてほしいという願いが込めらているそうです。

全体的にほっこりした感じのデザインで、おひるねのゆったりリラックス感が伝わってきます。
そのマークの中に「屋根の中でお昼寝をしている様子」、「+αという意味」、ナップステーションの「な」という3つの意味が巧みに組み合わされているシンボリックなロゴになっています。

デザイン:時岡 佑太(トキオカデザイン