漢字をふたひねりしたロゴ

安曇川流域・森と家づくりの会のロゴ。
滋賀県の安曇川流域で育った木を使い、「こだわりの家づくり」を行うとともに、豊かな森づくりを目指す団体です。

「森」という漢字を人に見立てて、歩く姿がかわいらしいです。
ただ足をつけているだけではなく「人」という漢字をデフォルメさせながら、歩く姿にしているところがおもしろいですね。

漢字をひとひねり工夫するのは誰でもできますが、そこで終わらせずに、さらにもうひとひねりさせつつ団体のコンセプトにリンクさせる、というアイデアは素晴らしいと思います。

左右対称ではなく、全体的に右側に傾いていたり、少し荒い線のつくりなど、人の手づくり感やメッセージ性を感じさせます。[09/88NPOロゴ]

安曇川流域・森と家づくりの会

posted by 林田全弘 on 2014年5月14日

同じ業種のロゴをもっと見る

オープンデータデイのロゴマーク
京都市東山いきいき市民活動センターのロゴマーク
ARTS for HOPEのロゴマーク
障害児訪問保育アニーのロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

かまわぬのロゴマーク
ぺるそねのロゴマーク
うらふくしまのロゴマーク
公益社団法人みらいサポート石巻のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク