表現の先へ

クリエイティブで世界とつながるオープンプラットフォーム、ロフトワークのロゴマーク。

今年に入ってリニューアルしたようです。

以前のロゴはタイプフェイスにCourierを使用。そこにはまだまだ未熟だった当時のWeb環境・表現において、きちんとした世界観を表現したいという思いを、どの環境でも正しく表現できるCourierフォントに込めていました。

そしてリニューアルした今回は「手書き」。
Webでできる表現は爆発的に広がりました。さらには企業も厳密なCIを行なって統制をしていく時代からも変わりつつあっります。
変化し続ける世界に、多様性を受け入れ偶然性を大切にする。
その現時点での答えが手書きでした。

技術が進むことは、人間らしくなることなのですね。

ロフトワーク

posted by 遠島啓介 on 2012年3月13日

同じ業種のロゴをもっと見る

LOGOLOのロゴマーク
moonlinxのロゴマーク
ABOOのロゴマーク
石井デザイン事務所のロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

ネットワンシステムズのロゴマーク
Rope Picnic(ロペピクニック)のロゴマーク
cafe DODOのロゴマーク
アールネットのロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク