お喋りしているロゴ

公開日:2016年12月7日

キフカッション

キフカッション

日本財団CANPANプロジェクトが呼びかけて全国各地で開催されることになった、誰もが気軽に寄付について語れるイベントのロゴ。ネーミングの由来は、寄付+ディスカッションという造語だそうです。

やわらかでカラフルな色合いが特徴の文字系ロゴ(ロゴタイプ)。「キフ」の部分は、ディスカッションによって生まれる吹き出しのオブジェクトが組み合わさっています。文字ひとつひとつが躍動感のある動きをしていることで、なんとも楽しげでワクワクするような印象を与えています。

ロゴをつくる際に考えなくてはいけないのが、シンボルマークをつくるか、文字のみにするか、というところ。文字系ロゴの利点としては、名称を覚えてもらいやすいことと、ネーミングの良さを活かしやすいことが挙げられます。今回のロゴはまさに、その2つの利点を活かした事例ではないかと思います。[120/88NPOロゴ]