花をモチーフに手をつなぐ人々の笑顔が表現されたロゴ

公開日:2018年12月4日 最終更新日:2019年11月20日

ひと咲き まち咲き あまがさき

ひと咲き まち咲き あまがさき

兵庫県尼崎市のまちづくりのキャッチフレーズ「ひと咲き まち咲き あまがさき」のロゴマーク。

尼崎市は「あまがさきで、人々が、まちが、花を咲かせ、実を結び、種を残し、また次の花を咲かせていく。」という思いを元に魅力あふれるまちづくりを進めているとのこと。
この思いをたくさんの人に知ってもらうため、また、尼崎に関わる人々に愛着と誇りを高めてもらうために、ロゴマークの公募を行い、市民の投票により2018年9月に決定されました。

マークのデザインは、花をモチーフに笑顔の人々が手をつないでいる様子を表現。人の笑顔が咲き、笑顔の人々が集まることで街が咲く尼崎を表しているのだそう。

また、明るくポジティブな印象を与えるカラフルな配色は、人の多様性、そして人々がそれぞれのカラーで輝くことにより尼崎が活性化されるという思いが込められているとのこと。

文字もポップで楽しげな書体になっており、それを花、笑顔で取り囲むデザインは、キャッチフレーズを一層引き立てる効果と、まちの一体感を醸成させるものになっていますね。
よくみてみると、花を構成しているラインにも手描き風の処理がされていて、アナログ感のあるあたたかみのあるものになっています。

人々を笑顔にさせ、一体感を醸成させ、そしてキャッチフレーズもしっかりPR。
まちづくりのロゴマークとしてバランスのとれたものになっているのではないでしょうか。

ひと咲き まち咲き あまがさき
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp