カラフルな米俵をモチーフにしたシンボリックなロゴ

宮城県のプレミアムブランド米「だて正夢」のロゴマーク。
米どころとして知られる宮城から生まれた新しいブランド米で、平成30年に本格デビューの予定だそうです。

だて正夢は、もちもちとした食感と甘みの強さが特長で、高価格帯の銘柄米として登場。
そのロゴマークは、五穀豊穣を表す米俵がモチーフになっています。

正円とラインで表現された米俵は、幾何学的なデザインによるユニークさもあり、とてもシンボリック。プレミアム米としての、高品質感と安定性を感じます。
そしてカラフルな配色もあって、目を引きながらも、あたたかく親しみやすさを感じさせるものになっているのではないでしょうか。

さらに、復興のシンボルになるようにとの思いも込められていると言います。
新しいブランドとして、威風堂々とした姿勢を感じるロゴマークですね。

posted by 遠島啓介 on 2018年2月26日

同じ業種のロゴをもっと見る

ひとしずくのロゴマーク
キッサコーヒーのロゴマーク
水上村ジビエのロゴマーク
栗尾商店のロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

富士山静岡空港のロゴマーク
美術出版ホールディングスのロゴマーク
気仙沼市震災復興計画のロゴマーク
グリーフサポートせたがやのロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク