「地域に根づく」という表現の参考にしたいクリニックロゴ

うちはら内科クリニックのロゴ。
医院、病院のロゴ作成のポイントは、やっぱり安心感、清潔感、聡明感などでしょうか。

このうちはら内科クリニックは、パンの木の葉をモチーフにしています。
ハワイアンキルトのモチーフでも有名なパンの木は、生長すると10メートルになるクワ科の植物。
その実は、ハワイの人々の大切な食料源で、人間に必要な栄養素がほぼ含まれているのだとか。
その他にも、繊維質の樹皮は樹皮布に、幹の部分はドラムやサーフボード、カヌーなどに使われ、そしてミルク状の樹液はカヌーの継ぎ目の接着剤としても使用され、住民にとっては無くてはならない木であったとのこと。

このパンの木のように「地域に根づき、健やかな暮らしに役に立つ存在でありたい」との思い込めて作られたロゴなのでした。

地域密着というと、どうしてもその地域の特産や元々あるシンボルを考えがちですが、他の土地で住民に愛されているものを象徴として用いるというアイデアもありそうですね。

うちはら内科クリニック

posted by 遠島啓介 on 2015年6月9日

同じ業種のロゴをもっと見る

SULA NYCのロゴマーク
醗酵5のロゴマーク
山田メディカルクリニックのロゴマーク
あおぞら歯科クリニックのロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

HusHusH(ハッシュアッシュ)のロゴマーク
アーツカウンシル東京のロゴマーク
ビゴの店のロゴマーク
石田製本株式会社のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク