固有名詞としてのオリジナリティが表現されたロゴ

愛知県の三河地区を拠点としているdesign office Switchが展開するオールインワンのシェアオフィス「STUDIOS」のロゴ。

プレートのようなカタチで安定感のあるシンプルなロゴタイプですが、両端のSが特徴的かつ回転対称になっていたりと、おしゃれでユニークなデザインです。

これは、名詞のスタジオではなく、固有名詞としてのオリジナリティを表現するため、ダブルコーテーションマークをアレンジしてSと重ねてシンボル化したデザインなのだそう。

マークなしのロゴタイプスタイルは、ネーミングをダイレクトに伝えやすいというメリットがありますが、そこに込められた想いを表すデザインがさらに組み込まれると、理念のある奥行きを感じるロゴとなりますね。

デザイン:株式会社Switch

posted by ロゴストック on 2019年1月24日

同じ業種のロゴをもっと見る

SIXのロゴマーク
かごりんのロゴマーク
モンブランのロゴマーク
水と土の芸術祭のロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

la kagu(ラカグ)のロゴマーク
世界フィギュアスケート選手権大会2011東京のロゴマーク
ロールケーキ専門店 アリンコのロゴマーク
横浜音祭り2013のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク