時代性を表現

公開日:2011年8月2日 最終更新日:2019年10月20日

かまわぬ

かまわぬ

「かまわぬ」のロゴマーク。「へのぬ」ではありません。
というベタなお約束から入りましたが、絵と言葉をあわせて読ませるという、いわゆる「判じ絵」というやつですね。
「鎌」と「輪」と「ぬ」でできているわけです。

かまわぬは、手ぬぐい専門店。
手ぬぐいと言えば、江戸時代の町奴が好んで身につけたとされています。
そんな時代性をあらわすのに、当時流行った判じ絵をロゴデザインに取り入れるというのも、なかなか乙なものです。

そして、「これって”へのぬ”じゃないんだよ」という、話のネタにしてもらうという、突っ込まれポイントを用意する点もブランディングの一つの方法かも知れませんね。