富士じゃなくても富士山をつかうフジロック

フジロックフェスティバルのロゴマーク。
いまや日本で一番有名なロックフェスでしょうか。
ちょうど富士山が世界遺産に登録決定というニュースも流れたことですので、取り上げてみました。

さて、フジロックと言いますが、富士山の近辺で開催されたのは、1997年の第一回だけなんですよね。
しかし現在に至るまで、名称は「フジロックフェスティバル」、ロゴマークも「富士山」をあしらったものになっています。
それほどまでに富士山のインパクトは大きい!?

マークは、FUJIのアルファベットを富士山のシルエットに当てはめています。
ある意味強引な感じもしますが、タイプにベベルをつかったり、赤と青の色分けをしたり、なかなかに苦心しつつも唯一無二のロゴマークになっているなと感じます。
長く使われているからこそのブランディング効果もあるでしょうか・・・。

やっぱり日本人の心、富士山のシルエットだからこそ成立しているデザインという気がしますね。

フジロックフェスティバル

posted by 遠島啓介 on 2013年6月25日

同じ業種のロゴをもっと見る

カオスフェスのロゴマーク
六甲ミーツ・アート芸術散歩2016のロゴマーク
androp(アンドロップ)のロゴマーク
21st Century Fox (News Corporation)のロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

Groovyのロゴマーク
COLORSのロゴマーク
ビーワークスのロゴマーク
サムソナイトのロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク