見るたびにじんわり変化するロゴ

イギリスのテート・ギャラリーのロゴタイプ。
2000年以降は、単にテイトと呼ばれているそうです。

さて、ロゴデザインは、TATEというアルファベットをスプレーで書いたような雰囲気。
よく見るとメッシュのような加工も施されています。
ぼんやりとしたところが、見えそうで見えない(?)といったミステリアス感を醸します。

そして、ウェブサイトを見てもらうと分かりやすいですが、このロゴは見るたびに、にじみ加減が変化するのです。
テートは変わり続けることで、人々の好奇心を掻き立てる。
だけど、必ずTATEと読めるようになっているように、芯の部分はぶれない。

そんな印象を与える面白いロゴだと思います。

テート・ギャラリー

posted by 遠島啓介 on 2014年2月11日

同じ業種のロゴをもっと見る

This!のロゴマーク
STABILO(スタビロ)のロゴマーク
渋谷ヒカリエのロゴマーク
気仙沼市震災復興計画のロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

フードバンク岩手のロゴマーク
トマッシュのロゴマーク
北海道立旭川美術館のロゴマーク
ネットコンシェルジュのロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク