記号と見立て

アウトドアブランドで有名な、スノーピークのロゴマーク。
社名のスノーピークという言葉は、雪を抱いた山(谷川岳)の頂上、白い頂をイメージしてつけられています。
そしてこのアスタリスクマークは、雪の結晶を表現しているそうです。
少しゆがんでいるところも、自然、アウトドアを感じさせていいですね。

このように、記号や文字の形状を他のものに見立てて、意味を持たせるというのは、ロゴづくりにおいてよく考える手法ではないでしょうか。またこれを考え、ひらめいた瞬間がデザイナーならでは楽しさでもあるはず。

元々のこのアスタリスクとは、原語の意味は「小さい星」だそう。
星をマーク、記号にしているんですね。

スノーピーク

posted by 遠島啓介 on 2015年2月4日

同じ業種のロゴをもっと見る

Championのロゴマーク
Jヴィレッジのロゴマーク
サイモン・カーター(Simon Carter)のロゴマーク
ヒュンメル(hummel)のロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

gacco (ガッコ)のロゴマーク
dining 6(渋谷ヒカリエ6F)のロゴマーク
アダストリアのロゴマーク
映画『タリナイ』のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク