2つの0から、循環、こころが表現されたロゴ

公開日:2019年7月18日 最終更新日:2019年8月10日

cocoro

ペットフード・用品の二次流通ECショップ「cocoro」のロゴマーク。

食品ロス問題は、人間向けのものだけではなくペットフードにも存在しているそう。
そんなペットフードロス問題の解決に向け、廃棄になる前のペットフード・用品に新たな価値を生み出し、二次流通をつくりだすことで、動物たちの命を救う活動を支援しているのがcocoroです。

そのロゴマークは、スタイリッシュでスマートな印象のデザインとなっています。

cocoroが掲げる目標は、「動物殺処分0」と「ペットフード廃棄0」。
シンボルマークは、この2つの「0」がベースとなったデザインです。
0が掛け合わさり、そのつながりが循環することで、2つのハート(人間と動物のこころ)になっていて、cocoroが描く、動物と人間の真の共存のかたちをこのマークで表現しているとのこと。

掲げる目標、そして理念、これらがとてもシンプルなかたちにまとめられた、力強いロゴマークではないでしょうか。

デザイン:tominaga keisuke