シンプルに堂々と「明治150年」を伝えるロゴ

公開日:2017年10月3日 最終更新日:2017年10月2日

「明治150年」関連施策推進ロゴマーク

「明治150年」関連施策推進ロゴマーク

「明治150年」関連施策推進ロゴマーク。
2018年(平成30年)は明治元年から150年にあたり、官民において関連するイベント等が検討されているそうです。
このマークは、その機運を盛り上げていくために、イベント等に統一的に使用できるロゴ。
一般からロゴデザインを公募し、398点のなかから庄子奈美さんの作品が採用作品として決定されました。

堂々と「明治150年」とデザインされたシンボルは、150年前の明治からの大きな一歩を、明治の「明」の字の足で表現したのだそう。
また、150年の丸で日の出と日の丸が表され、赤と白の配色で日本らしさが醸成されています。

そして、新たな一歩、未来への一歩のきっかけを作った明治を表すとともに、明日へ向かう一歩への思いが込められているとのこと。

これから日本の各地でこのシンボルを目にする機会が増えてくるのではと思います。
シンプルに飾り過ぎることなくデザインされたマークにより、まっすぐに「明治150年」が伝わってきますね。

「明治150年」関連施策推進ロゴマーク
http://www.gov-online.go.jp/cam/meiji150/