思いっきりふりきる

「青森の縄文を世界遺産に」のロゴマーク。
青森県の三内丸山遺跡をはじめとして、北東北や北海道には縄文遺跡がたくさんあります。それらの世界遺産登録を目指すPRロゴです。
ちなみに過去にも富士山を世界遺産にを紹介しましたね。
何か一つの目標に向かって、ウチには結束力アップ、外には効果的なPRをするためにロゴをつくるのはなかなか良い方法でしょう。

さて、この縄文PRのロゴデザインは、土偶の顔。
土偶と白神の木霊をイメージしています。そして横ラインは、地層や年輪を表現しているそうです。
縄文というと色合い的にはどこか寂しいイメージですよね。
これを思いっきりカラフルに寄せることで、何か新しい縄文が見えてくる気がします。

青森の縄文を世界遺産に

posted by 遠島啓介 on 2011年9月20日

同じ業種のロゴをもっと見る

白糸ハイランドウェイのロゴマーク
越谷レイクタウンまちびらき10周年のロゴマーク
根室市観光協会のロゴマーク
名古屋なんて、だいすきのロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

ボルケーノのロゴマーク
MODIPHIのロゴマーク
日本財団のロゴマーク
大田原市 移住・定住促進ロゴマークのロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク