コンセプト設計からロゴデザイン。大学ロゴ制作のお手本となる近畿の国立大学

第10回は、近畿地方の和歌山大学 通称「和大(わだい)」のロゴです。

このロゴマークは、和歌山大学が「コミュニケーションマーク」として2004年の国立大学法人になるタイミングで新たに制定したシンボルマークです。

デザインコンセプトの設計も大学のホームページに公開されています。(実際のコンセプトシートURL:http://www.wakayama-u.ac.jp/vis/12.html

デザインコンセプトは、「自然」「活気がある」「地域密着」「グローバル」の4つキーワード。

これらを元に「色・形・文字デザイン」が設計・ビジュアル化されています。その中でも、とくに注目したいのが、「形」。和歌山と和歌山大学を象徴とする山と海を融合し、なおかつ、躍動感ある独自のデザインに仕上げています。波のクネってしたところが絶妙です。割り出しも円におさまるようになっていて、カジュアルなんだけど、気品を感じるのは、その整った形からくるものでしょう。

コンセプトとなるキーワードを導出し、しっかりとシンボルマークに昇華させる。そのプロセスは、大学ロゴ制作のお手本とっても過言ではないでしょう!

[大学ロゴ]

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by てるゆき on 2014年10月13日

同じ業種のロゴ

東海大学のロゴマーク
京都大学のロゴマーク
京都産業大学のロゴマーク
北見工業大学のロゴマーク

同じ色のロゴ

Sumally(サマリー)のロゴマーク
FUNADEのロゴマーク
あいちコミュニティ財団のロゴマーク
小樽商科大学100周年のロゴマーク

スポンサードリンク