日本のアイデンティティとグローバルなクリエイティブの共存

SMART SOUND DESIGN SOCIETY(スマートサウンドデザインソサエティ)のロゴマーク。
我々の生活環境には様々な機器の動作音や何かを知らせるサイン音などといった、人工的な音が溢れていますが、快適性や機能性において満足できる音は少ないのが実情であるとして、サウンドデザインの振興と普及を図り、快適かつ機能的な音環境を構築することを目的として、設立された団体です。

そのロゴデザインは、漢字の「音」をモチーフにしたシンボルが印象的なものとなっています。
これは、漢字とデジタルMixerのレベルメータから発想。日本のアイデンティティとグローバルなクリエイティブの共存を表現しているとのことです。

漢字というとどこかアナログな雰囲気を醸し出すもの。
それをデジタルな要素を組み合わせて、ここまで単純化することによって、人工音のデザインということを見事に連想させるものになっているのではないでしょうか。

SMART SOUND DESIGN SOCIETY(スマートサウンドデザインソサエティ)

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 遠島啓介 on 2016年1月26日

同じ業種のロゴ

角田正博氏 キャラクターロゴのロゴマーク
厚生労働省ものづくりマイスターのロゴマーク
O-Co.(マルコ)せいさく所のロゴマーク
株式会社ホールハートのロゴマーク

同じ色のロゴ

日本野鳥の会のロゴマーク
東京学芸大学 コミュニケーションマークのロゴマーク
旭川医科大学ブランドマークのロゴマーク
駒澤大学のロゴマーク

スポンサードリンク