聖火灯る日に向けての願いと希望が込められたロゴ

『Logo Design File 2016』こちらは、冬季オリンピック・パラリンピック札幌招致期成会 ロゴマークです。
2016年7月〜8月にかけてロゴデザインの公募が実施され、グラフィックデザイナーの村本繁雄さんの作品が採用されました。

村本さん曰く、中心より下は、地球・世界とその中の日本(赤丸)を表現していて、SAPPOROの文字から上は聖火と、競技コースなどを表現しているのだそうです。
そして、全体で、SAPPOROの空に再び聖火灯る日に向けての願いと希望を込めているとのこと。

寒色がメインでありながらも情熱を感じ、とても力強くボールドな印象のシンボルマークとなっていますね。


冬季オリンピック・パラリンピック札幌招致期成会のロゴのデザイナープロフィール

村本繁雄/北海道
1972年 北海道芸術デザイン専門学校(旧北海道美術学校)卒
グラフイックデザイナー
株式会社 アーク・メディア 代表取締役(1986~2008)

冬季オリンピック・パラリンピック札幌招致期成会

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 遠島啓介 on 2016年12月24日

同じ業種のロゴをもっと見る

香取市ロゴマークのロゴマーク
四国の新幹線実現PRロゴマークのロゴマーク
青森の縄文を世界遺産にのロゴマーク
キュンとするまち。藤沢のロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

京都造形芸術大学のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク