親しみやすさと安心感

大分県で食育活動をメインにしているグループ、大分いいたま会のロゴマーク。

食育を通じて、元気な子どもたちを生む両親を応援し、同時に食の大切さを知ってもらおうという活動をされています。

ネーミングの由来は、「いいたまごを生もう会」とのこと。
いい卵子・いい精子を育もうという想いが込められているのだとか。

ロゴマークは、親子を表現したたまごのモチーフが、かわいらしさと温かみを醸成していますね。
また、文字も丸みをもたせた書体がやわらかさを生み出し、oやaなどの空間をたまごのように白く表現することで、ちょっとした面白さを感じさせています。
そして、3行で表現することでマークと文字の並びにリズム感が出来ています。

親しみやすさと信頼感、安心感を良いバランスで表現できているロゴではないでしょうか。

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 遠島啓介 on 2016年10月11日

同じ業種のロゴ

土佐山アカデミーのロゴマーク
Sゝゝ [エス]のロゴマーク
株式会社ツナゲルのロゴマーク
縄文遺跡群のロゴマーク

同じ色のロゴ

熱海コレクション A-Plusのロゴマーク
ジャパン・レストラン・ウィーク2013のロゴマーク
森の図書室のロゴマーク
食堂BARカスミガセキのロゴマーク

スポンサードリンク