無限の可能性と思いを込める

子どもたちがキャンプなどの自然体験活動をとおして「自立心」を育むことを目的に活動しているNPOのロゴ。
自然体験活動を行っている団体らしく、緑を使ったシンボルマーク。葉っぱのようにも見えますが、これは無限大を表しているとのこと。お伺いしたところによると『ロゴの意図は、ナックが使命とする「青少年の無限の可能性」を∞(無限大)サポートしたいとの思いを図案化したものです。また、色合いは、子どもたちの「自然に親しむ活動」を推進したいとの意気込みを示しています』という思いが込められているのだそうです。
ゆらぎのある輪郭線や、丸みを帯びたロゴタイプから、子どもたちを見守る柔らかな姿勢が伝わってきますね。無限大の線部分を描かず、ネガティブスペースに色付けした珍しい表現です。
人の認識力というものはおもしろいもので、一度「無限大」という意味を知ってしまうと、そのイメージが定着します。次にこのロゴを見る時には、きっと今日覚えたブランドイメージを想起することができるはず。ロゴに意味を込めるのは大事だなとつくづく感じます。[88/88NPOロゴ]

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 林田全弘 on 2016年2月17日

同じ業種のロゴ

ムイットボン!のロゴマーク
シャプラニールのロゴマーク
農幸生活のロゴマーク
Code for Japanのロゴマーク

同じ色のロゴ

安曇川流域・森と家づくりの会のロゴマーク
FACE to FUKUSHIのロゴマーク
サイバーエージェントのロゴマーク
山形大学のロゴマーク

スポンサードリンク