コンセプトを知ることでさらに見えてくるイメージ

京都府にある知的障害者の社会福祉施設である「南山城学園」のロゴマーク。

このロゴ、コンセプトは「よりそう力」。
頭文字であるMと、山城のYがモチーフとなっていますが、Mは人と人がよりそう姿を表し、そのよりそう心の交流がYで表現されているとのこと。

また、配色にもそれぞれ意味が込められており、青緑は従業員の誠実さを、ピンクは利用者さんの純粋さを、黄緑は南山城の豊かな自然を、黄色はよりそう心の交流を表しているそうです。

左右のラインの中央に向けての傾き具合や、つながった部分がお互いを支えているようにも見えたりなど、コンセプトを知ることで、さらにロゴのイメージが深まってくるように感じますね。
ロゴの意味を語ることで、コミュニケーションのきっかけとなり、さらに人の心に残る、そんなロゴと言えそうです。

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 遠島啓介 on 2016年9月13日

同じ業種のロゴ

パペティエールのロゴマーク
ナマケモノ倶楽部のロゴマーク
3*3 LABOのロゴマーク
switchのロゴマーク

同じ色のロゴ

ソレアル(SOREAL)のロゴマーク
ラコステ(LACOSTE)のロゴマーク
北海道マラソン2013のロゴマーク
横浜音祭り2013のロゴマーク

スポンサードリンク