シンボルマークからロゴタイプへ

ロジクールのロゴマーク。
2015年7月にこの新ブランドロゴにリニューアルをしました。
それまでのロジクールといえば、落書きのような風合いのシンボルマークが目立っていましたが、新ロゴはロゴタイプのみで文字通りクールな印象になりました。

全体的に太めのラインで、力強さもありながらスマートな印象もあり、「g」の文字が特徴的です。
これまでの変革を意味する「漸新性」も表現したとのこと。
文字のデザインで企業姿勢などをしっかりと表現しているのですね。

ロゴづくりでは、マークを作るか文字のみにするかで悩む場合もあるかと思います。
マークでは、イメージを表現しやすい伝えやすいということが言えますが、文字系のロゴでは、名前をしっかり覚えてもらえるという効果がありますから、すでに商品やサービスが評価されている企業でのリブランディングは、文字ロゴで自らの理念をデザインするという、力強さとシンプルさがあってもいいのかも知れません。

出典:http://www.logicool.co.jp/ja-jp/press/press-releases/11977

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 遠島啓介 on 2015年9月15日

同じ業種のロゴ

sonihouse(ソニハウス)のロゴマーク
カシオ デジタルカメラ EXILIMのロゴマーク
ワコムのロゴマーク
RED Digital Cinema Systemのロゴマーク

同じ色のロゴ

ジェラート ピケ カフェのロゴマーク
うどん県のロゴマーク
ジャスミン食堂/Jasmine tentのロゴマーク
大分いいたま会のロゴマーク

スポンサードリンク