表現の先へ

クリエイティブで世界とつながるオープンプラットフォーム、ロフトワークのロゴマーク。

今年に入ってリニューアルしたようです。

以前のロゴはタイプフェイスにCourierを使用。そこにはまだまだ未熟だった当時のWeb環境・表現において、きちんとした世界観を表現したいという思いを、どの環境でも正しく表現できるCourierフォントに込めていました。

そしてリニューアルした今回は「手書き」。
Webでできる表現は爆発的に広がりました。さらには企業も厳密なCIを行なって統制をしていく時代からも変わりつつあっります。
変化し続ける世界に、多様性を受け入れ偶然性を大切にする。
その現時点での答えが手書きでした。

技術が進むことは、人間らしくなることなのですね。

ロフトワーク

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 遠島啓介 on 2012年3月13日

同じ業種のロゴ

東京ミッドタウン・デザインハブのロゴマーク
eAT 2016 in KANAZAWAのロゴマーク
THOMAS RAMEYのロゴマーク
札幌国際芸術祭2014のロゴマーク

同じ色のロゴ

伊東屋(ITOYA)のロゴマーク
COLORSのロゴマーク
ちはるのやさいキッチンのロゴマーク
WORK HANDS(ワークハンズ)のロゴマーク

スポンサードリンク