お茶碗にハートをのせて

「食料銀行」を意味する社会福祉活動であるフードバンクを鹿児島で展開している団体のロゴ。
イエローをテーマカラーに、ふたつのハートをのせたご飯茶碗がモチーフになっています。

ロゴを制作したのは、デザイナーの西迫春菜氏。ロゴに込められた意味をフードバンクかごしまさんにお伺いしたところ“2つのハートは、食べ物を提供してくれる人の「想い」と食べ物を受け取る側の「想い」で、その両者の「想い」を支え、繋げる茶碗の役割をフードバンクが担うという意味・思いです。”とのご回答をいただきました。

茶碗に盛り付けられたご飯のようにも見えますし、2つのハートにも見える、絶妙なバランスになっています。茶碗には笑顔も描かれていて、親しみやすい印象を与えていますね。このように、ロゴにキャラクター性を持たせることで、吹き出しをつけるなどの展開も可能になっています。親しみのもてる、優しいコミュニケーションを目指したいときに参考にしたいデザインです。[106/88NPOロゴ]

フードバンクかごしま

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 林田全弘 on 2016年8月10日

同じ業種のロゴ

ふみだすふくしまのロゴマーク
JAEのロゴマーク
home's vi(ホームズビー)のロゴマーク
エシカルケータイキャンペーンのロゴマーク

同じ色のロゴ

ロフトワークのロゴマーク
よこはま動物園ズーラシアのロゴマーク
チャンス・フォー・チルドレンのロゴマーク
こどものホスピスプロジェクトのロゴマーク

スポンサードリンク