ロゴの素材感

川崎重工 創立120周年のロゴマーク。

川崎の「川」の字をモチーフに、120thの文字と融合させた、よい意味で変則的なロゴデザインとなっています。川のモチーフは、トンネルを掘る機械のようにも見えますね^^

色はゴールドとシルバーに塗り分けられていて、金属の持つクールで重厚なイメージを表現しつつ、ゴールドの華やかさがアニバーサリー感を強調しています。
色のコントラストにおいても、このロゴの主題である「120th Anniversary」がしっかり目立つようデザインされています。

金属はもちろん、木、紙、石、革などなど、ロゴの素材感にこだわってみる。
ロゴ表現のひとつの手法と言えそうですね。

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by ysk on 2016年2月11日

同じ業種のロゴ

尼崎市市制100周年ロゴマークのロゴマーク
2010年トルコにおける日本年のロゴマーク
第50回アジア開発銀行年次総会(横浜開催)のロゴマーク
日本・スイス国交樹立150周年のロゴマーク

同じ色のロゴ

eAT 2016 in KANAZAWAのロゴマーク
第50回アジア開発銀行年次総会(横浜開催)のロゴマーク
MARBLE Premium Softのロゴマーク
名古屋学院大学シンボルマークのロゴマーク

スポンサードリンク