世界観や人となりを表現した泉鏡花記念館のロゴ

泉鏡花記念館のロゴマーク。
石川県金沢市にある泉鏡花を取り扱う金沢市立の文学館です。

こちらのロゴは、2015年3月に同館がリニューアル開館されるのに合わせて作られたもの。
鏡花と兎のイメージを一筆書き風かつ、だまし絵のようにデザインしているマークが、とてもユニークで印象的です。

このモチーフは、鏡花が自身の干支(酉)の向かい干支である兎(卯)の置物などを収集していたことにちなんでいるのだとか。
その人物の世界観や人となりが見えるようなデザインとなっています。

シンプルで印象に残るシンボルマークから、話題が広がり、コミュニケーションが生まれていく、そんなロゴデザインではないでしょうか。

デザインをされたのは、泉屋宏樹さん。こちらにロゴデザインの説明がされています。
iD. | 『LIVE AND LET LIVE ”持ちつ持たれつ”』 – 泉鏡花記念館 新ロゴマークデザイン

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 遠島啓介 on 2017年2月8日

同じ業種のロゴ

ニフレルのロゴマーク
国立科学博物館のロゴマーク
鉄道博物館 - THE RAILWAY MUSEUM -のロゴマーク
釧路市立博物館のロゴマーク

同じ色のロゴ

KUROYAGIZAのロゴマーク
岩手医科大学校章のロゴマーク
クラフトビアマーケットのロゴマーク
Cafe MAME-HICOのロゴマーク

スポンサードリンク