北関東を代表する総合大学のロゴ

第九回は、群馬県にある国立大学「群馬大学」のロゴです。

このロゴは、群馬(GUNMA)の英語頭文字「G」がモチーフで、色の「緑」と「青」で群馬の豊かな自然環境を示し、「学生の成長と活躍」をイメージして、「新しい未来の創造」と、「社会へ貢献する」大学の存在感を表現しているとのことです。

群馬県は「海なし県」で山と関東平野の自然の多い環境です。そのためアクセントとなっている「●(青丸)」は、空を表しているということでしょう。そして、「G」をモチーフにしたメインの緑は、山の緑、平野の黄緑の両方の意味ですね。

2004年の国立大学法人化とあわせてデザインされたこともあり、ローマ字表記、またモノクロにしても、デザインが成り立つなど、グローバルを視野に入れたコミュニケーションをふまえた、今のロゴデザインに仕上がっています。

[大学ロゴ]

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by てるゆき on 2014年10月6日

同じ業種のロゴ

帝京大学シンボルマークのロゴマーク
成安造形大学のロゴマーク
東海大学のロゴマーク
東北大学女子学生入学百周年のロゴマーク

同じ色のロゴ

Disney Wildlife Conservation Fund(DWCF)のロゴマーク
専修大学シンボルマークのロゴマーク
ナマケモノ倶楽部のロゴマーク
ヒビアカリのロゴマーク

スポンサードリンク