「ともに」活動する様子を表現

障害のある人もない人も「ともに」創造し活動するコミュニティづくりを支援することをミッションに活動しているNPOのロゴ。

丸みのある細身のサンセリフ書体をベースにつくられたロゴタイプ。2つのLだけが手書き風の書体になっており、顔が描かれていてアクセントにしています。ともに何かをする団体であることが一目で分かるようになっています。

団体名の由来について、ホームページではこのように説明されています。「“Coll”という単語には、”Embrace(ハグする、包み込む)”という意味があります。私たちはより多様な人たちを包み込むこと(Coll)を可能にしていく(able)という思いを込めています。また、Collを可能にするための協同(Collaborations)と仲間づくり(Colleague)にも挑戦していこうという意味も込めました。Collableという名前の通り、Embraceable Societyの創造を目指し、これからも活動していきます。」

2つのLが同じ色ではなく、同系色でありながら異なる配色がされているのもポイントですね。この配色も、団体名に込められた想いを一層引き立てているのだと思います。[83/88NPOロゴ]

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 林田全弘 on 2016年1月13日

同じ業種のロゴ

福岡テンジン大学のロゴマーク
つなぐいのち基金のロゴマーク
日本野鳥の会のロゴマーク
こども食堂ネットワークのロゴマーク

同じ色のロゴ

Loewe(ロエベ)のロゴマーク
Tawaraya Cafeのロゴマーク
ザ・リッツ・カールトンのロゴマーク
食考房つくしのロゴマーク

スポンサードリンク