三位一体の表現をデザインしたロゴ

25周年記念「子供の森」計画のロゴマーク。樋代直人さんのデザインです。
「子供の森」計画は、財団法人オイスカが世界各国で子どもたちの植林活動や環境教育活動を促進しているプロジェクトで、2016年に開始25周年を迎えるにあたり、ロゴマークを公募により作成しました。

ロゴデザインにあたっては、子ども(未来)・森(緑)・水(環境)をモチーフに、プロジェクトの英語名(Children’s Forest Program)の頭文字を象って作成していて、“水と緑と未来をまもる”をスローガンとし、この3つの要素を三位一体として強く認識できるように表現したとのこと。

子供、森、水、3つのマークにデザインによる共通点をうまく与え、しっかりとまとめ上げられたロゴではないでしょうか。
また、全体としてキャッチーなイメージになっていて、子どもらしさ、そして楽しさを感じるロゴマークです。(Logo Design File 2016)


「子供の森」計画のロゴのデザイナープロフィール

樋代 直人樋代 直人/宮城県
学校法人 東北工業大学 仙台城南高校に勤務し、科学技術科情報デザインコースを担当する教職員。

仙台城南高等学校

25周年記念「子供の森」計画(Children’s Forest Program)

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 遠島啓介 on 2017年1月10日

同じ業種のロゴをもっと見る

尼崎市市制100周年ロゴマークのロゴマーク
早稲田祭2017のロゴマーク
日仏交流150周年のロゴマーク
2018年日・エクアドル外交関係樹立100周年記念行事公式ロゴマークのロゴマーク

同じ文字タイプのロゴをもっと見る

キヤノン「PIXUS」のロゴマーク
中央大学のロゴマーク

人気のあるロゴマーク一覧

スポンサードリンク