いつも同じフォントを使ってしまうマンネリを解消『タイポグラフィ11 欧文書体を使いこなす』

文字をあつかうデザイナーのお役立ち書籍「Typography(タイポグラフィ)」の第11号。
特集は「欧文書体を使いこなす」です。
さまざまな実例から、効果的な欧文書体の使い方が学べるようになっています。

ひとりでデザインワークを行っていると、いわゆる鉄板のデザイン表現が確立されてきて、ついつい同じ書体を使ってしまいがち。そんなことを多くの人は経験しているのではないでしょうか。
本書で、ワンランク上の欧文書体の使い方を知り、表現の幅をひろげてみたいですね。

付録として付いている小冊子では、和文フォントと欧文フォントの組み合わせ例の紹介も。
今号も役立つ内容が満載です。

その他にもロゴデザインに役立つ本を紹介しています!よろしければこちらもご覧ください。

posted by 遠島啓介 on 2017年5月15日

スポンサードリンク