グラフィックデザインとはなにか『ポール・ランドのデザイン思想』

ポール・ランドといえば、20世紀を代表する偉大なグラフィックデザイナーで、IBMの企業ロゴなどを手掛けたグラフィックデザイン界のピカソとも言われています。

本書はポール・ランドが、現代の広告デザインの基本となるいくつかの原則を、自らの作品を参照しながら論理的に説いた名著『Thoughts on Design』の復刻版です(2014年に発売されています)。

グラフィックデザインとは、見るものに美しいと感じさせるものであり、しかし、目的に適っていなければ、優れたデザインとは言えないと定義しています。

時代に左右されないすばらしいデザインとは。ということを考えることができる、デザイナー必携の一冊と言えそうです。

その他にもロゴデザインに役立つ本を紹介しています!よろしければこちらもご覧ください。

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 遠島啓介 on 2016年9月17日

同じ業種のロゴ

戸田デザイン研究室のロゴマーク
Qriocity(キュリオシティ)のロゴマーク
ふみだすふくしまのロゴマーク

同じ色のロゴ

放課後NPOアフタースクールのロゴマーク
小樽商科大学100周年のロゴマーク
SHIKIのロゴマーク
明治大学のロゴマーク

スポンサードリンク