町にひっそりとたたずむ文字看板の魅力『のらもじ まちに出よう もじを探そう』

古い商店街や路地裏など、町のあちこちにたたずむ味のある看板。
昭和的な雰囲気を醸し出しつつ、その看板に描かれた文字は、一般のフォントにはない魅力にあふれています。
文字好きにはたまらないものではないでしょうか。

それを「のらもじ」と名づけ、探し、鑑賞し、カタチを分析してフォント化しているのが、のらもじ発見プロジェクトです。
フォントデータは誰もが使えるものとして配布されています。

本書は、のらもじを楽しむためのガイドブック。
プロジェクトの活動が楽しく詳細に書かれています。

普段自分が生活する町にあるのらもじを探し、分析してみたくなる。
そんな気にさせてくれる一冊です。

その他にもロゴデザインに役立つ本を紹介しています!よろしければこちらもご覧ください。

posted by 遠島啓介 on 2017年4月10日

スポンサードリンク